2014年ノルウェーへの旅~現金よりカード、Takk!~

もう20年近く前に留学した頃から、ノルウェーは日本より「カード社会」、という印象はありました。
スーパーでもキオスク(日本で言うところのコンビニ)でも、ちょっとした買い物でもカードで支払う、という光景は珍しくありません。極端な話、ガム1個でも。
他にも、ネットバンキングの利用率は日本より多いだろうなぁ、と想像します。

3年ほど前でしょうか、オスロ空港(ガルデモーエン空港)の自動販売機でチケットを買おうとしたら、「カードのみ使用可」になっていて驚いた記憶があります。

日本では個人差がありますが、私は昔かたぎでお財布に現金がないと落ち着かない派です。あとカードの明細書を見てショックを受けたくないので、なるべく「現金商い」です。
ノルウェーでもちょっとしたチップを払う時に、小銭が必要だよね、といつも旅行前にノルウェークローネをいくらか用意しています。

今年の旅は外食の機会が多かったのですが、「チップ」も小銭である必要がないことが分かりました。
請求書に、飲食代や税金の下に「Tips」という項目があり、自分で「いくらチップを払うか」申告し、そして「Total」金額を書き入れます。
これならば、カードで払えますので、小銭は必要ありません。

昨日珍しくノルウェーの経済紙「Dagens Næringslivet」(略称:DN)のサイトに目を通していたら、「財布に1クローネもない」という見出しの記事を見つけました。
興味深い内容だったのでご紹介しましょう(DN,2014年6月17日)。

オスロで、カード不可の露店主さんは以下のようにコメントしています。
「うちはカードを受け付けないから、毎日、お客さんが減っていく。もうお金を持って歩くのが面倒なんだ。」

調査会社MMIによると以下の結果がわかりました。
・4人に1人は、財布に現金が全く入っていない。
・ここ数週間のうち、現金を使ったことがない人は28%。

これは他のヨーロッパでも同じ傾向なのかと思いきや、ノルウェーは「ヨーロッパでも現金をもっとも使わない国」と書いてあります。

ノルウェーでカードが使えないといかに不便かは経験済みです。
2011年のノルウェーツアーの時でした。お客さんの1人が、カードの暗証番号(PIN CODE)を覚えていなかったのです。
ノルウェーの店舗は、自分でカード決済機に暗証番号を入力し、支払いができます。
日本でもそうしたお店は増えていますが、店員さんがカードの手続きをして、お客さんはサインのみ、という習慣の方に慣れていますよね。

なので、ノルウェーに旅行へ行かれる方は、「必ずカードの暗証番号を確認しておくこと」を注意してください!

同記事によると、「カード不可のお店はどんどん減り、現金お断りのお店はどんどん増えている」とのこと。
ということで、もう一つの注意は、「ノルウェーで現金のみで旅行は、ほぼムリ」でしょうか。

そのうちノルウェーの紙幣もコインも知らない子どもがでてくるかもしれませんね~。
お金