うちってやっぱりなんかへん?

原題:Moulton og meg

トーリル・コーヴェ(Torill Kove) 作、青木順子 訳

(発売予定日:2017年2月)

〜アカデミー賞監督が描くおしゃれで、スタイリッシュ
深いメッセージが込められた幸せな読後感の絵本〜


物語の舞台は、1960年代のノルウェーの小さな町。
おばあちゃん、建築家の両親と暮らす3人姉妹の真ん中の「わたし」が主人公です。
お隣のごくごく普通の一家と比べ、うちは「なんかへん?」と悩むわたし。
モダンな両親は、斬新な北欧インテリアやファッションを取り入れ、パパには口ひげがあります。
普通の暮らしや家族に憧れ、悩みはつのりますが、ある日、お隣で起きた事件をきっかけに、わたしの日常は変わっていきます。
そして、姉妹が欲しいとねだった自転車。パパとママはわざわざイギリスから注文しますが、届いた自転車は?・・・。

絵本の雰囲気

作者のトーリル・コーヴェは、絵本作家・イラストレーターと同時にアニメーション作家として有名です。本作を含む3作品が米アカデミー賞にノミネートされ、受賞歴もあります。
カラフルでスタイリッシュなイラスト。そして深いメッセージをユーモラスに軽やかに盛り込むのが、トーリル・コーヴェの作風です。

『うちってやっぱりなんかへん?』のわたしは7歳。「みんなと同じ」ことに特に敏感な年頃です。「他人とは違う両親と自分」を受け入れ「自己肯定感」を高めていく少女の姿は、多くの読者につよい共感を呼ぶことでしょう。
変わっていたって、いいんだよ、と。

原作アニメーション"Me and My Moulton"予告編はこちらからご覧になれます。
大切な方にプレゼントしたくなる絵本です♪



うちってやっぱりなんかへん?

■■■価格および体裁■■■

サイズ(判型):27cm×24cm
ページ数:40ページ
定価:1620円(税込)
ISBN:978-4-03-348350-4


■■■出版社および問合せ先■■■

株式会社 偕成社 http://www.kaiseisha.co.jp/
 〒162-8450
 東京都新宿区市谷砂土原町3丁目5番地
 TEL 03-3260-3221(代表)


本書の参照はこちらから


お求めは書店へ・・・  Amazon.co.jp

■関連イベントのお知らせ
『うちってやっぱりなんかへん?』の発売を記念し、イベントを開催します!


@2/19(日)「北欧からの贈り物〜絵本とわたし〜」終了しました
トーキョーノーザンライツフェスティバル主催!
原作アニメーションやトーリル・コーヴェのビデオ・メッセージ、北欧絵本トーク(稲垣美晴さん、森百合子さん、イェンス・イェンセンさん、青木順子)など盛りだくさんの内容です!
参照URL: http://tnlf.jp/event.html

A2/24(金)〜3/10(金)終了しました
『うちってやっぱりなんかへん?』発売記念パネル展
@谷中ひるねこBOOKS
ポップなビジュアルをぜひパネル展で堪能できる機会です。谷中ひるねこBOOKSは絵本・北欧・猫に関する本に特化した居心地のいい本屋さんです!
参照URL:http://hirunekodou.seesaa.net/article/445853863.html?1485487456

B3/9(木)『うちってやっぱりなんかへん?』刊行記念トークイベント終了しました
「ノルウェー絵本の魅力− オスカー監督トーリル・コーヴェの世界」
@谷中ひるねこBOOKS
訳者青木順子によるトークイベントです。新刊のお話はもちろん、作者であり、世界的な短編アニメーション監督のトーリル・コーヴェのこと、そのほかノルウェーの絵本事情などを存分に語ります!サイン会あり。お土産付き。(定員10名様)
参照URL:http://hirunekodou.seesaa.net/article/446356992.html


■ただ今、ノルウェー語を学びたい方を募集しています♪
  ノルウェー夢ネット企画・セミオーダーレッスン「ノルウェー語&セレクトレッスン」


ホームへ戻る
 Home